最短かつ安全に結果(発毛)が出る「国推奨」の治療法を教えます

美人ナビゲーター
おもてなしスキンクリニックが教える「失敗しないAGA対策」へようこそ。

当サイトのナビゲーターを務めさせていただく沢村と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

あなたの不安

恐らくですが、あなたがこのサイトに訪れる前に、ネットの口コミや薄毛情報サイト、あるいは書籍など、たくさんの薄毛情報に触れてきたかと思います。そして、それらの情報は下記のような内容ではなかったでしょうか。

  • 育毛剤ランキング1位は〇〇です
  • このクリニックがおすすめです
  • 自毛植毛なら△△クリニック
  • この薬を飲めば生えてきます

そしてあなたは、これらの情報に触れた時にこう思ったはずです。

「この情報は本当なのかな?」

と。さらにこうも思ったはずです。「真に正しい治療法やおすすめの薄毛対策の情報ってどこにあるんだろう。誰に聞けばいいんだろう。」と。

このような疑問は、薄毛に悩んだ人なら誰もが経験しているはずですが、現在のネット社会では有象無象の膨大な情報にあふれていて真に正しい情報にたどり着くことはまず無理だと思います。

そこで、私達おもてなしスキンクリック(千葉県千葉市)は、薄毛で悩むすべての人向けに「失敗しないAGA対策」と題し、医学的に正しい情報を整理してお届けすることにしたのです。

「女のお前に何が分かるんだ」とお叱りを受けるかと思いますが、おっしゃることはごもっともです。ですので、当サイトではAGAの専門家である宮本先生に、医学的な見地や世界各国の臨床データなどの客観的事実を分かり易くかみ砕いて説明してもらうことにしました。

実は、この宮本先生、AGA業界内で知る人ぞ知る怖~い存在として名が通っています。何が怖いかというと、業界の裏の裏まで知り尽くしていて「あいつに逆らったらクリニックが潰される」と噂されているからです。

実際問題として他のクリニックさんを閉院に追い込むようなことはないのですが、半年前にはAGA専門クリニックでは最大手の一つである某クリニックのグレーな過去を暴いて訴訟沙汰寸前になったり、今だと現在進行形で大手植毛クリニックの一つと全面対決していて、スタッフはハラハラドキドキしています。

一体宮本先生は誰の何と戦っているのか、本人の口から聞くのが一番ですので、早速ですがお話を伺ってみたいと思います。

AGA業界はグレーゾーン

沢村

宮本先生こんにちは。単刀直入に聞きますが先生はいったい何と戦っておられるのでしょうか?

宮本先生

一言でいうなら「患者を騙して喰い物にしている悪い医者」と戦っています。AGA(男性型脱毛症)は男性にとって最大のコンプレックスなので、その弱みに付け込んで悪いことをする連中がたくさんいるんですよ。いずれ少しづつその中身を話そうと思いますが、絶句するような内容ばかりで吐き気さえします。

沢村

私もこの業界にいて良く耳にするのが「AGA業界はグレーな業界」という言葉です。もう何度も聞きました。

宮本先生

そうなんです。本当にそのとおりです。一体何のために医者になったんだと聞きたくなるくらい倫理観が欠如している医者が多くてびっくりします。薄毛が治ると期待してクリニックの門を叩いたというのに、その期待を見事に裏切るだけでなく大金まで奪ってしまうわけですから。

沢村

先生どうしたらいいんでしょう。薄毛で困っている患者さんは1,200万人もいると言われていますよね。その1,200万人の方々はどうすれば悪いお医者さんに騙されないで済むんでしょうか。

宮本先生

沢村さん「男性型脱毛症診療ガイドライン」のことはご存じですか?

沢村

ガイドラインがあるらしいということは聞いたことがあったのですが読んだことがないので、教えてもらっていいですか?

宮本先生

男性型脱毛症診療ガイドラインは、公益財団法人日本皮膚科学会が制定した薄毛治療のルールです。AGA治療を行う全国全ての病院はこのガイドラインに従って患者に診療を行わなければなりません。

スポンサーリンク

髪の毛は皮膚の一組織なので髪の毛は皮膚科医の専門領域

なかなか世間に浸透しませんが、髪の毛は皮膚(頭皮)の一組織です。ですので、髪の毛の専門家は皮膚科医ということになります。

さきほど登場した「男性型脱毛症診療ガイドライン」を制定・監修しているのは、日本皮膚科学会という内閣が認定した公益財団法人で、全国の皮膚科の名医や医学博士などを中心に組織された非営利団体で、要するに「国の組織」だと思ってもらっても結構です。

全国各地にある「全ての医療機関」は、日本皮膚科学会が制定した男性型脱毛症診療ガイドラインに則って(のっとって)患者を診療しなければなりません。

なぜ、こんな固い話をしているかというと、あなたが男性型脱毛症診療ガイドラインの中身を理解してさえいれば、グレーな医者に騙されることなく最短最速で結果(発毛)を出せるようになるからです。

男性型脱毛症診療ガイドラインを噛み砕いて解説しているのが「失敗しないAGA対策」

沢村

先生、男性型脱毛症診療ガイドラインをちょっと読んでみたのですが、正直よく分からないです。途中で眠くなっちゃいました。

宮本先生

ははは。ま、普通はそうなるよね。医者に向けて書かれたガイドラインなので、一般の人が読むとつまらないし何を言いたいのか分からないのは仕方のないことです。

男性型脱毛症診療ガイドラインを皆が理解できるのであれば、このサイト「失敗しないAGA対策」は必要ありませんし、各記事を読んでいたかなくても正しい治療法を選択できると思います。

ただ、残念なことにガイドラインというのは法律まではいかないまでも、普通に読んで理解できるような構成にはなっていません。ですので「翻訳」が必要になります。

その翻訳の役目をするのが当サイト「失敗しないAGA対策」というわけです。

ただ翻訳するだけでなく「こんな情報知りたかった」ということだらけ

ガイドラインが難解で分かりにくいとはいえ、ただガイドラインを翻訳するだけなら当サイトにそれほどの価値があるとは言えません。

ですので、「AGA業界の中の人」でしか知りえないとっておくの発毛情報をふんだんに取り入れて解説していきたいと思います。例えばこんな事です。

  • 絶対に行ってはいけないクリニックの実名
  • 広告宣伝していないけど実は世界的な実力を持った植毛医
  • 日本で最も患者を抱えているAGAクリニックの名前
  • ガイドラインでは非推奨扱いだがほとんどの人に効果が出る発毛法
  • 発毛剤リアップを超える可能性を秘めている新育毛剤の名前
  • 個人輸入代行がなぜ危険なのか
  • あの有名薄毛サロンに通う芸能人の実名

最後のはどうでもいいかも知れませんが、当サイトの主筆である宮本は「AGA業界内の全てを知る唯一の男」として業界内で畏怖されている存在であり、その全てをこのサイトで披露してしまいます。

薄毛治療のグローバルスタンダードが全て詰まったサイトです

沢村

宮本先生、日本はよく「ガラパゴス化している」と言われるじゃないですか。薄毛治療についてもガラパゴス化しているんですか?

宮本先生

ガラパゴス化しているとも言えるししていないとも言えます。ただ、患者さんが情報に飢えていて不安になるのも当たり前のことですので、このサイトでは欧米の最新情報についても随時公開していきます。

デュタステリドという強烈な脱毛予防薬がここ数年で日本に入ってきて厚労省も認可を下したのですが、この薬、認可されているのは日本と韓国だけなんです。

もう一つ。自毛植毛の手術式でFUEというメスを使わない術式があるのですが、日本国内でこの術式で自毛植毛手術を受けた患者の割合は9割近くを占めます。ただ、このFUEという術式も、実は自毛植毛の術式としては一世代前のやり方だったりします。

このように、日本の医療は見方によってはガラパゴス化していると言えなくもありませんので、このようなサイトを運営するものの「マナー」として、欧米の最新薄毛情報も全てチェックして記事として公開しています。

「海外の情報も扱っているんだぞ。俺ってすげえだろ。」ではなく、これはただのマナーですのですごいとは思わないで下さい。患者さんを救うために当たり前のことをやっているだけですから。

参考にしている臨床データは主に以下の3つです。

  • アメリカ国立衛生研究所
  • 国際毛髪学会
  • アイビーリーグなど全米の有名大学の最新論文

アメリカ国立衛生研究所

は、全世界の臨床データが手に入る医療の総本山のような所です。例えば、メソセラピーやHARG療法といった高額な薄毛治療法があり、それを勧めてくるクリニックがたくさんありますが、ここのデータを覗けばメソセラピーやHARG療法が臨床的には何の根拠もない治療法であることが一発で分かります。

国際毛髪学会は、薄毛治療に関する世界最大の団体で、例えば今やたらと宣伝されているロボットを使った自毛植毛は、学会では話題にすら上っておらず、手を出してはいけない治療法であることが分かったりします。

アイビーリーグというのはアメリカの大学の最高峰の呼び名で、ハーバード大学やエール大学などが名を連ねています。日本人も禿げやすい人種ではありますが、それでも薄毛人口は成人男性の1/3程度で納まっていますが、白人は2人に1人がAGAです。

ですので、アメリカというのは世界最大の経済大国だけでなく世界最大の薄毛大国でもあるので、そのアメリカの薄毛治療を各大学がしのぎを削っているのは当然のことですし、今アメリカではどんな技術や薬が開発されているのか、常にその動向を当サイトでは追っていますので、面白い動きがあり次第記事にして紹介していきたいと思います。

当サイト「失敗しないAGA対策」の推奨利用方法

沢村

先生が薄毛マニアなのはよく分かりました。そろそろ読んでくださっている訪問者の方たちもお腹一杯だと思いますので、ここらで締めましょう。最後に、このサイトの推奨利用方法を簡単に教えてください。

宮本先生

まだまだしゃべり足りないんだけどなあ。寂しい。えっと、そうですね、気になる記事をつまみ読みしていただいて一向に構いません。が、薄毛(AGA)の基礎知識だけは読んで欲しいなと思います。AGAの基本を抑えておかないと応用が効かなくなりますので悪い医者に騙されてしまいますからね。

「基本」や「基礎」が好きな人はまずいないと思います。あのイチロー選手すら「基礎練習はつまらない」と言っています。しかし、そのつまらない基礎練習をイチロー選手は永遠にやり続けています。

なぜなら結局それが結果を出すための最短ルートだとイチロー自身が経験で知っているからです。

薄毛治療も同じです。まず基本を抑えて下さい。抑えると言っても大したことはなく、たった1記事さらっと読むだけで十分頭に入ると思いますので、薄毛(AGA)の基礎知識だけは勉強しておいてください。せいぜい5分もあれば十分読める程度の文量しかありませんので。

なぜここまで基礎基礎うるさいかと言うと、薄毛治療を行うにあたりAGA(男性型脱毛症)の基礎をしっかり理解しておかないと、短期的に結果がもし出たとしても、その結果(発毛)は長続きしない場合がほとんどだからです。

それだけでなく、焦って何の予備知識もなく育毛剤を探したりクリニックを探したりすると、間違った治療法や対策法を勧められ、その勧めに応じて治療法を選択した結果、莫大なお金を浪費(損)した上に「薄毛がむしろ加速してしまった」という大惨事を引き起こすことさえあるからです。

薄毛には美女が多いに関係しているってこと知ってましたか?

「美女が原因で薄毛になる」というウソのようなホントの話があります。AGAの基礎は「美女と薄毛の関係性」を理解すればほぼ9割はAGA(男性型脱毛症)の基本を抑えたことになると思います。

美女と聞くとすぐに反応してしまうは私も同じですが、AGAを理解する上で美女の存在だけでも抑えておいて欲しいので是非読んでみてください。

忙しく、そして文字を読むのが嫌いなあなたへ

基礎基礎うるさくて大変申し訳ありませんでした。必要なこととは言え押し付けはよくないですよね。忙しい毎日を送っておられるサラリーマンや自営業の方、派遣社員の方なども多く、

  • 勉強している時間が確保できない
  • 字を読むこと自体が大嫌いだから結論だけ教えてほしい

という方も大勢いらっしゃると思います。そこで、当院(おもてなしスキンクリニック)のようにAGA業界に身を置く者なら誰もが「名医と言えばこの先生だよね」と口を揃えて誰からも名前があがる5人の名医を最後に紹介しますので、気になる先生のクリニックの門を叩いて名医と呼ばれていうる先生の口から直接AGAの正しい治療法を勉強してみるのも良いかと思います。

少しクセの強い先生もいますが、AGA治療に関しては右に出るものはいない名医中の名医です。

「インフォームド・コンセント」という言葉があります。これは「医師からの丁寧な治療方針説明による医師と患者および患者の家族間双方の合意形成」を意味する医療用語ですが、この5名の先生達は全員しっかりとしたインフォームド・コンセントを実施してくれますので、もし結果してこの先生たちの元で治療を行わないにしても、会って話を聞くだけで十分に勉強になると思います。

当サイトは中立性を非常に大切にしておりますので、当クリニックに誘導するような行為は一切致しませんし、中立性維持のために治療行為は一切行わず、患者様に正しい治療法を学んでいただくための情報提供に専念していることをご理解ご了承いただければ幸いです。