Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webai/o-skin.or.jp/public_html/aga/wp-content/themes/msx-02-180417/functions/adminpages.php on line 979
  1. ホーム
  2. AGA
  3. ≫AGA治療でおすすめのクリニックと評判の悪い病院を見抜く方法

AGA治療でおすすめのクリニックと評判の悪い病院を見抜く方法

  • 有効な薬は2種類のみ。それ以外を薦めてくる病院は疑うべし。
  • オリジナル治療薬は効果の保証がないので敬遠すべし
  • メソセラピー推しの病院は怪しいが使い方次第で利点有り
  • 厳しい基準をクリアした誠実なクリニック3院を紹介

あなたは今、AGA(男性型脱毛症)を病院で治療しようとし、「どこがいいんだろう」「あのクリニックの評判はどうなんだろう」「安いとこないかな」など色々と情報を探し回っている最中だと推測します。

しかし、検索でヒットする記事はどれも当該のクリニックを絶賛するアフィリエイターが書いたステマ(やらせ広告)記事ばかりで参考になりませんよね。

  • 治療費が安い!
  • ここだけのオリジナル治療薬がある!
  • 初診無料!
  • メソセラピーに力を入れている!
  • 口コミでの評価が高い!

だいたいこんな内容で記事が構成されているはずで、こんなものをいくら読んでも何も分かりませんしyahoo知恵袋や2ちゃんねるを見ても無駄です。yahooo知恵袋も2ちゃんねるもステマだらけですから。

では何を頼りに病院を選ぶべきなのか。答えは「クリニックの公式サイト」にあります。公式サイトをしっかりと読みこめばその病院が怪しいことやっているのか真面目で頼りになる病院なのかほぼ全て分かりますので、「公式サイトでどこを見れば善か悪か分かるのか」について解説していきたいと思います。

悪い病院

AGA治療で発毛効果がある薬は2種類のみ。それ以外は不要

AGA治療で飲むべき経口薬(飲み薬)は

  • 抜け毛予防(フィナステリド)
  • 発毛促進(ミノキシジル)

この2つです。これがAGA治療の基本中の基本であり、AGA治療専門のクリニック(病院)に行くとこの2種類の薬を処方されます。
※( )内は成分の名称

逆に、これ以外の薬やサプリメントなどは一切不要だしお金の無駄です。ビタミン、亜鉛、ノコギリヤシ、L-リジンなどは気休め程度にしかなりませんし、「この薄毛の状態ならビタミンが何ミリグラム必要」とか「フィナステリドの効果がイマイチだからL-リジンと亜鉛を足そう」などという処方の仕方には何の根拠も臨床データもありません。

L-リジンビタミン

ですので、あなたが気になっているAGAクリニックの公式サイトにビタミン、亜鉛、ノコギリヤシ、L-リジンなどの成分を書いて「ウチはすごいでしょ感」を出しているAGAクリニックは信頼しないほうがよいと思います。

ノコギリヤシやL-リジンなどは髪の毛に良いとされていていますが、それは理論上の話であって、実際に髪の毛を生やしたり太くしたりする効果が出たという論文や臨床データは公式には存在しませんし、私も世界中の文献を調べましたが、メーカーなどの根拠に乏しい怪しいデータ以外で、これらの成分で髪が増えるというのは聞いたことも見たこともありません。

もっと言うと、私自身がノコギリヤシやL-リジン、亜鉛、ビタミンなどを長らく飲んで実験してみましたが、フィナステリドやミノキジジル無しでこれらを飲んでも普通にハゲ続けるだけで何の効果もなかったということを付け加えておきます。

亜鉛、Lリジン、ビタミン、ノコギリヤシ

このパートのまとめ

あなたが気になっているAGA専門クリニックの公式サイトを一読してください。「頭皮の状態に合わせてビタミンや亜鉛を処方するなど、あなたに完全にカスタマイズされた治療を提案します。」などと書いてあるクリニックは少し疑ったほうがいいです。

そして、このチェック法でほとんどのAGAクリニックが「消える」はずです。薄毛という耐えがたい悩みにつけ込んで商売しているAGA業界は本当にブラック中のブラックな業界なので、患者側がしっかり勉強しておかないと大変な被害に合います。

スポンサーリンク

プライベートブランドを巧みに売りつけるAGAクリニック

「営業妨害だ」と訴えられそうでドキドキしますが、あなたがAGA専門クリニックに騙されないために大変重要なことなので「オリジナル治療薬の正体」について解説しておきます。

プライベートブランド

上記の写真はセブンイレブンのお茶の販売コーナーを撮影したものですが、上2段がナショナルブランドと言われる各飲料水メーカーの商品で、一番下の赤枠のお茶がセブンイレブンが独自に作った通称「プライベートブランド(PB品)」と呼ばれる商品です。

同じお茶でもプライベートブランドのほうが30%以上安く販売していますよね。ナショナルブランドは広告宣伝などの費用がかかってしまうのでどうしても高くなってしまうのに対してプライベートブランドは宣伝してませんからこの値段(93円)で売ってもナショナルブランドの商品と同じくらいの利益が出ます。

味はそれほど変わらないのに値段がこれだけ安いわけですから、当然プライベートブランド(PB品)の商品は良く売れます。セブンイレブンの業績が絶好調なのはPB品が良く売れているからなんです。

で、これと似た様なことを実はAGAクリニックがやっているんです。

オリジナル治療薬と称する未認可ジェネリック薬を処方しているAGAクリニック

脱毛予防成分であるフィナステリドを主成分とした世界で唯一の「正規薬」であるプロペシアは、すでに特許が切れている薬ですので、ジェネリック薬が大量に販売されています。

(こことても肝心なところですが)プロペシアのジェネリック薬には実は下記の2種類があります。

  • 厚労省が認可したジェネリック薬
  • 厚労省が認可してないジェネリック薬

厚労省が認可したジェネリック薬として有名なのはファイザー製薬が販売しているフィナステリドです。

【厚労省が認可しているジェネリック薬】
ファイザー製薬のフィナステリドジェネリック

そして、下記の写真が国内未認可のプロペシアのジェネリック薬です。

【国内未認可のジェネリック薬「フィンペシア」】
フィナステリドのジェネリック薬

フィンペシアは個人輸入代行で非常に人気のあるプロペシア(フィナステリドが主成分)のジェネリック薬で、私もずっと飲んでました。そして、飲んでいたから分かるのですが、全くと言っていいほど品質に安定感が無いんです。

これは湘南美容クリニックAGA福岡院(湘南美容クリニック系列)の長井院長から直接聞いた話ですが、フィンペシアのようなジェネリック薬はフィナステリドの濃度が実際に表示されている濃度よりずっと低いというのは良くあることだそうです。

怖い話をこのまま続けますね。

ほとんどのクリニックが未認可のジェネリック薬を処方しています

ズバっと言ってしまいますが、国内のAGA専門クリニックの実に9割以上が厚労省が認可していないジェネリック薬を我々に処方しています。

フォローするわけではないですが、どこのクリニックも必要十分な濃度が含まれていることを第三者機関が客観的に品質証明しているフィナステリドやミノキジジルを入手し、それを院内調剤して患者に処方しています。これは違法でも何でもない許された医療行為の一つです。

ただし、成分が正しい濃度で入っているから髪の毛が生えるかというとそうではありませんし、いくら成分濃度が正しいと主張しようと、その成分濃度を証明している機関は厚労省でなくただの民間団体です。そんなものをどこまで信用していいのかって話です。

さらに言うと、薬剤師の資格を持っている人、あるいは製薬会社に勤務している人なら良く知っていると思いますが、薬は保管するさいの温度や湿度を含めて非常にデリケートな管理が必要なんです。

どういう環境で調剤しどういう管理をして完成された商品なのかが大変重要であり、それらがしっかりとなされているかを厳しくチェックをし認可しているのが厚生労働省です。

例えば、国内では数少ない「誠実なAGA治療専門クリニック」と言えるヘアメディカルでは、厚労省が認可したファイザー社製のジェネリック薬を処方していますが、AGA〇〇クリニックとか、〇〇AGAクリニックなどでは、国内未認可のジェネリック薬を安く手に入れて院内調剤してオリジナル治療薬と称して患者に処方しています。しかもなぜか正規品であるプロペシアと大して変わらない値段で処方しています。そりゃ儲かるわなと。

誰がどこでどうやって作ってどう管理していたかなどの「品質」は全く担保されていないジェネリック薬を、さらにどこの誰かも分からない薬剤師が院内調剤して患者に処方するわけですから「生えるほうが奇跡だろ」とさえ私は思っています。

これが緑茶やウーロン茶であればプライベートブランドでも全然問題ありませんよ。味さえしっかりしてればいいわけですから。

でも、あなたが飲む薬はお茶ではなく、AGA治療のための「薬」です。多少高くても確実に生えてくれたほうがうれしいに決まってますよね。ですので、毛髪診断士である私からの提案としては「まずは正規品(プロペシア)を飲め」て強く言いたいわけです。

百歩引いても、せめて厚労省がちゃんと認可したファイザー製薬などのジェネリック薬を飲んで欲しいです。

オリジナル治療薬が絶対に生えないと言っているわけではありません

どこでも結構です。あなたが気になっているAGA治療専門クリニックの公式サイトを覗いてみてください。かなり目立つように「オリジナル治療薬」という文字が躍っていたり、あるいはプロペシアを「希望された方のみに処方」という低い扱いにしてオリジナル治療薬を目立たせているクリニックは程度の差はあれ「グレーな病院(クリニック)」と判定して間違いではないと思います。

オリジナル治療薬

別の言い方をすると、クリニックが推している治療薬はプロペシアであることがしっかりと公式サイトに記載されているクリニックが「信頼すべきクリニック」と言えると思いますし、「希望される方にはプロペシアを処方します」みたいな、プロペシアをオプション扱いしているクリニックは疑ったほうがいいクリニックと言っていいでしょう。

メソセラピーやHARG治療も学会では効果は一切認められていません

AGA治療専門病院の公式サイトを見ると、多くのクリニックでメソセラピーやHARG治療を「おすすめです」と案内していますが、結論を先に言ってしまうと、メソやHARGはやるだけお金の無駄ですのでやめておいたほうがいいです。

メソセラピーやHARG治療というのは、簡単に言ってしまうと、髪の毛の成長因子を針などを使って頭皮に直接打ち込む治療法です。育毛剤を頭皮の中に針で打ち込むと思ってもらえばいいです。

メソセラピー
【メソセラピー】

針を使うクリニックと、針を使わずに電気刺激を使って成長因子や栄養分を頭皮に浸透させるやり方がありますが、どっちもやるだけ無駄です。

英語ができる方は、世界中の医学系論文が集まるアメリカ国立衛生研究所国際毛髪外科学会の公式サイトで「Mesotherapy」や「HARG」と入力して検索してみてください。メソやHARGで発毛効果が出たなどという論文は一つもヒットしませんので。

逆に、日本皮膚科学会で男性型脱毛症ガイドラインを策定している薄毛治療の権威の先生から「メソセラピーの痛みで円形脱毛症になる症例もあります」と直接教えていただいたことさえあります。

生えてくるどころかむしろ抜けてしまうリスクすらあるのがメソセラピーやHARG治療ということですので、十分に注意しておく必要があります。

HARG療法メソセラピー

ここでも気になっているAGA治療院の公式サイトをチェックしてみてください。上記画像(あるクリニックの公式サイトのキャプチャー画面)のようにメソやHARGを公式サイト上でガッツリ推しているクリニックは怪しいクリニックと思ってください。

メソセラピーを推しているアフィリエイトサイトも信頼に値しないサイトなのでブックマークから削除しておきましょう

ただし、プロペシアなどのAGA治療薬が安く手に入るところであればメソやHARG治療さえ上手に断れば「利用価値はあるクリニック」です。

メソやHARGを推しているクリニックはだいたいの場合プロペシアやミノキシジルの値段が安いんですよ。簡単な話で、安い値段で客を釣って高額なメソやHARGを巧みに売りつけてくるんです。

こんなクリニックは、逆に利用してやればいいんです。メソやHARGは断って安い薬だけ処方してもらってください。

厳しい基準をクリアしたAGAクリニックを3院紹介します

あなたが知りたいのは、「で、結局どこがいいの?」ってことだと思いますので、「ここなら大丈夫」というAGA専門クリニックを3院ほど紹介します。

ヘアメディカル

日本初のAGA専門クリニックとして開業した老舗中の老舗のAGA治療専門の病院です。迷ったらまずはここに行ってください。全国に4院(東京、名古屋、大阪、福岡)あり、治療実績も国内でダントツの最多患者数(約170万人)を誇ります。

ここが「まとも」だと言えるのは、プロペシアを治療薬の第一選択肢として公式サイトに記載し、実際にそのとおりに処方してくれる点です。

また、ジェネリック薬を希望した場合、厚労省が正式に認可したプロペシアのジェネリック薬を処方してくれますので、ヘアメディカルで生えなければどこ行っても生えないと思っていただいて結構です。

治療メニューにメソセラピーが入ってないのも好感が持てます。ヘアメディカル系列の脇坂クリニック(大阪)の脇坂先生曰く「メソセラピーは効果一切ないですよ」と断言してますが、こういうことを言い切って治療メニューからメソセラピーを外しているAGA専門クリニックは国内ではヘアメディカル含めてほんの一握りです。

AGAヘアクリニック

割りと最近OPENした東京の秋葉原にあるAGA専門クリニックです。初診から遠隔診療に対応しているので、近くに大都市がなかったり、忙しくてそもそも病院に通うのが難しい方でも治療が受けられる珍しいクリニックです。

メソセラピーやHARGが治療メニューに入っていないある種希少なAGA治療専門院で、AGA治療の正規薬であるプロペシアも標準メニューに入っていますし、ビタミンや亜鉛、L-リジン、ノコギリヤシなどの「ほぼ無駄」なサプリメントも扱っていませんので、ここで騙されることは一切ないでしょう。

ほんとどうやって儲けているのか不思議なくらい商売っ気がないAGA専門クリニックで、田舎に住んでいる人は、わざわざヘアメディカルや銀クリに行かなくても、遠隔診療に対応しているAGAヘアクリニックで治療を開始するといいと思いますよ。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)

最後に紹介するのは、通称「銀クリ」と呼ばれている新橋(東京)にあるAGA専門クリニックです。ヘアメディカルと並んで、今日本で一番患者に支持されている病院で、1店舗あたりの集客数ではヘアメディカルを超えて実質日本一と言っても過言ではないクリニックです。

銀クリの良い所は、「どの先生にあたっても同じレベルの治療をしてくれること」です。銀クリは誠実なクリニックなので一人当たりの診察時間が良い意味で長いため、これだけの患者数をさばくには当然たくさんの先生が在籍していないと回していけません。

普通、たくさんの医者を揃えると、先生によって治療レベルに差が出てくるものですが、銀クリでは、独自に行っている厳しい院内研修をドクター全員が受講して、ハイレベルの診察を行えるレベルまで達したと判断された先生のみが患者を治療することを許されています。

私(筆者)は、銀クリの研修を受け持っている鬼教官に実際に会って勉強会を開いてもらったことがありますが、見た目からしてめっちゃ怖いです(笑)

少し気になるのは、ビタミンや亜鉛などを独自調剤したオリジナル治療薬を優先的選択肢として患者に提案していることと、他院に比べて破格に安いとはいえメソセラピーがメニューに存在していることです。

とはいえ、(ビタミンなどの処方やメソセラピーなどに)私が個人的に納得していないだけで、AGA治療の実績では今や国内No.1と言っても過言ではない「結果を出している治療院」であることは間違いないので、東京近郊在住なら銀クリを選択することで失敗したり後悔することはまずないと断言しておきましょう。

薄毛で悩んでいる方にシェアしてあげてください

AGA

Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webai/o-skin.or.jp/public_html/aga/wp-content/themes/msx-02-180417/functions/adminpages.php on line 983