Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webai/o-skin.or.jp/public_html/aga/wp-content/themes/msx-02-180417/functions/adminpages.php on line 979
  1. ホーム
  2. 植毛
  3. ≫最新植毛、スペインで成功 幹細胞移植技術を使用

最新植毛、スペインで成功 幹細胞移植技術を使用

スペインのバルセロナで植毛クリニックを開いている、Christophe Guillemat博士が研究開発したSCT(Stem Cell Transfer)技術は、後頭部から採取した毛包の幹細胞を患部に移植する方法です。

今までの植毛と大きく違うのは、従来なら毛根ごと抜いた移植元には、髪の毛が生えてこず傷が残るところ、SCT法では移植元の再生率が高い、という点です。

バルセロナのクリニックでは初回に1人の患者に効果があった後、20人の患者を対象にし、この二回目でも増毛効果が見られたそうです。

二回の施術とも、増毛効果が認められる

同クリニックでは植毛を長年行っており、スペインの有名人(俳優、スポーツ選手)を多く顧客に抱えているそうです。

顧客は、植毛結果には満足なものの、やはり従来の植毛法では傷跡が残る事が最大の懸念であり、クレームが多いのも植毛後の髪の状態ではなく、移植元の傷であり、これを解決するために、幹細胞技術の研究に取り組んできました。

幹細胞技術を使って増毛が可能である事は既に医療界で知られており、CFSクリニックは独自の幹細胞抽出法を開発した後、2015年に1人の患者に対して施術が行われ、増毛効果が見られました。

施術前の写真

出典:http://www.implantes-capilares.com

施術7カ月後の写真

施術1年後の写真

移植元(幹細胞を抽出した部分)の写真

そして、二回目の施術結果も、2016年末に公表されています。

施術前と3カ月後の写真

施術5カ月後、12カ月後の写真

移植元(幹細胞を採取した部分)の写真

スポンサーリンク

STC(Stem Cell Transfer)の今後の展望

幹細胞を使った植毛法で、CFSクリニックが実際の患者の施術で一歩先んじた理由は、今までに植毛を数多くこなしており、植毛技術に関しての経験は豊富なので、幹細胞の抽出技術の開発にだけ的を絞ればよかったからだと考えられます。

Guillemat博士によると、増毛率は50~60%で、移植元の回復率は82%との事で、効果は見られるものの、まだ数字に満足していないようです。

幹細胞技術を使った植毛は、従来の植毛法よりも細かい技術を必要とする事から、今後植毛技術自体にも改善が必要だろう、と述べています。

安定した技術が提供できるようになったら、クリニックで希望する医師にトレーニングを提供し、認証を得た医師だけが、STC法を施術できるようにする予定だそうです。

まとめ 

幹細胞技術を使った植毛法の開発は世界各地で行われていますが、Guillemat博士のSCT法の前に、2010年頃オランダ在住のCoen Gho 博士が開発したHair Stem Cell Transplantation(HST)法が注目を集めました。

http://www.hasci.com/

残念な事に、その後の経過報告で、HST法での植毛後の髪の定着率が低い事から、今回のGuillemat博士のSCT法も、植毛業界では、まだ従来の植毛法に代わる技術とまでは受け止められていません。

ただ、再生医療分野での研究が進んでいるアメリカでは、技術の改善(幹細胞抽出技術精度の向上、幹細胞移植時の技術の向上)次第で、かなり将来有望な方法であると考えられています。

薄毛で悩んでいる方にシェアしてあげてください


Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webai/o-skin.or.jp/public_html/aga/wp-content/themes/msx-02-180417/functions/adminpages.php on line 983