1. ホーム
  2. 家庭用脱毛器
  3. ≫医療レーザーを用いた唯一の家庭用脱毛器トリア(Tria)

医療レーザーを用いた唯一の家庭用脱毛器トリア(Tria)

トリアとその他の家庭用脱毛器の大きな違いは、トリアはダイオードレーザー(Diode Laser)という医療機関で使われるレーザーを用い、他の家庭用脱毛器はエステサロンで使われる光脱毛の技術を用いていることです。

それぞれの技術の違いを知るために医療レーザーと光脱毛について、そして人気のトリアが臨床試験の結果でも裏付けられているのか調べてみました。


画像引用元:http://www.bluemaize.net/im/hair/tria-hair-laser-4.jpg

医療レーザーと光脱毛の違い

医療レーザー

医療レーザーは国の認可を受けた医療機関で医師の監督のもと、国家資格を持つ医療従事者が用いる技術で、厚生労働省が以下のように平成13年11月8日に通達を出しています。

医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

 最近、医師免許を有しないものが行った脱毛行為等が原因となって身体に被害を受けたという事例が報告されており、保健衛生上看過し得ない状況となっている。

 これらの行為については、「医師法上の疑義について」(平成12年7月13日付け医事第68号厚生省健康政策局医事課長通知)において、医師法の適用に関する見解をしめしているところであるが、国民への危害発生を未然に防止するべく、下記のとおり、再度徹底することとしたので、御了知の上、管内の市町村並びに関係機関及び関係団体等にその周知を図られるようお願いする。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用

 以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(1)用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
(2)針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
(3)酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して表皮剥離を行う行為

第2 違反行為に対する指導等

 違反行為に関する情報に接した際には、実態を調査した上、行為の速やかな停止を勧告するなど必要な指導を行うほか、指導を行っても改善がみられないなど、悪質な場合においては、刑事訴訟法第239条の規定に基づく告発を念頭に置きつつ、警察と適切な連帯を図られたいこと。

「危害の生ずるおそれ」、「破壊する行為」、「告発」、果ては「警察」まで、仰々しい言葉が並んでいますが、要するに皮膚を傷つける可能性のある機器を使う美容行為は医師しか行えませんよ、ということです。

医療脱毛が永久脱毛と言われるゆえんは、使用する機器が非常に強力で毛を作る細胞を破壊する行為だからです。

光脱毛

上記の厚生労働省の通達をふまえて、エステサロンで行われる脱毛は日本エステティック振興協議会が「エステサロンで行う美容ライト脱毛の範囲」として以下のように定めています。

1. 通知に抵触するような施術を行わないこと
2. 毛乳頭、皮脂腺開口部を破壊しない
ということは現象面で毛の再生があること
3. 一時的な除毛∙減毛であること

これらを徹底することが業界で決まっているので、エステサロンでの施術は半永久脱毛と定義されているのです。

参照URL
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h15/documents/131109-a.pdf

医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

http://esthe-jepa.jp/pdf/bdatumo_jepa.pdf
日本エステティック振興協議会が推進する美容ライト脱毛のあり方

スポンサーリンク

永久脱毛の定義 アメリカに永久脱毛は存在しない?

医療機関の医療レーザーとエステサロンでの光脱毛の違いが分かったと思うのですが、それでは永久脱毛の定義とはなんでしょうか?

米国電気脱毛協会AEA(American Electrology Association: 顧客に良質な永久脱毛サービスを提供することを目的に、1958 年に設立されたアメリカ最大の脱毛業界の団体)は永久脱毛を“脱毛1カ月後の再生率が20%以下である脱毛法”と定めています。

これはFDA(アメリカ食品医薬品局)が永久脱毛は“最大で90%の脱毛率(プラスマイナス10%)”と定めているのと一致します。

ということは永久脱毛とはいっても100%ではない、ということなのです。この100%ではないという事実が、業界と顧客の認識の違いになりクレームの出る原因になっているのは容易に想像できるでしょう。

片や半永久脱毛は“一時的な減毛除毛”だったとしてもその一時的がどのぐらいの期間なのかで、これも顧客の満足度が違ってきます。

どちらを選ぶのか、ですが値段の高い医療レーザーで回数を少なく永久脱毛、と安い光脱毛で回数を多く半永久脱毛、とだけ比べると100%の脱毛率でなくてもやはり医療レーザーを選ぶのがよく思えるのですが、本当でしょうか?

医療レーザーの副作用(やけどや色素沈着)の可能性を考えたことはありますか?

医療レーザーは強い施術のため(痛みが強い)処方箋に副作用があるのと同じで、医師の元で行われても全ての人に副作用がない、とは言えないのです。

もちろん光脱毛は医療レーザーより弱いからと言って副作用がないわけではありませんが、やはり弱いパワーの技術を使った方が副作用が少ないのは確かです。

興味深いことに、ここアメリカで取材した範囲内ですが、医療レーザーを使っている医療機関でも「永久脱毛という考えはありません。医療レーザーでも半永久脱毛と思ってください」という医者も多数いました。

訴訟社会ですから「永久脱毛」と言うと顧客にとっては「永久脱毛イコール100%の脱毛」なので、訴訟を避けるために「永久脱毛」という言葉を使わなくなっている医者が増えているという印象です(FDAのガイドラインによると80%の脱毛率でも永久脱毛と呼べるにもかかわらず、です)。

さらにアメリカでは副作用による訴訟を避けるために医療レーザーの出力をできるだけ抑えて使う医者もおり、本来の効果が期待できず、医師が「半永久脱毛」と呼んでいる例もあります。

医療レーザーの永久脱毛と光脱毛の半永久脱毛のどちらを選ぶかは、効果と副作用を比べて納得のいく判断をしたいですね。


画像引用元:https://www.londonpremierlaser.co.uk/wp-content/uploads/2016/06/Laser-vs-IPL.jpg

上:光脱毛(IPL) 下:医療用レーザー(Laser)

参照URL http://electrology.com/
米国電気脱毛協会AEAの公式サイト

医療レーザーの種類 どれを選ぶ?

日本で使われている医療レーザーは主に3種類、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグ(YAG)レーザーがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

ダイオードレーザー

  • 最新の医療レーザー
  • 低い出力で効果が出る
  • 照射範囲が広いので短時間ですむ
  • 冷却ジェルを使うので痛みが少ない
  • 色素の薄い産毛にも効果
  • メラニン色素に反応しないので軽い日焼け肌にも使える
  • 効果が出るまでに少し時間がかかる

リゼクリニック
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/rize/

共立美容外科
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/

などのクリニックで使用されています。

アレキサンドライトレーザー

  • 従来から使われている医療レーザー
  • 照射範囲がダイオードレーザーよりもさらに広い
  • 太い毛に効果(産毛には向かない)
  • 冷却機能付きなのでジェルにアレルギー反応がある人に
  • メラニン色素に反応するのでほくろやシミの除去にも使われる
  • 痛みはダイオードレーザーより強い
  • 即効性がある

湘南美容外科
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/sbc/

共立美容外科
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/”>http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/”>http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/

品川美容外科
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/shinagawabiyougeka/

などのクリニックで使用されています。

ヤグ(YAG)レーザー

  • 男性のヒゲやVIOラインの濃い毛に効果(産毛には向かない)
  • 日焼け肌や色黒の肌にも効果
  • メラニン色素に反応しないのでシミやほくろにある毛にも施術できる
  • 照射範囲が少ないので時間がかかる
  • 肌にダメージが少ないので敏感肌に向いている
  • 痛みが少ない
  • 効果が出るのが遅い

リゼクリニック
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/rize/

共立美容外科
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/”>http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/”>http://o-skin.or.jp/datsumo/category/laser-hair-removal-clinic/kyoritsu/

などのクリニックで使用されています。

最近はアレキサンドライトレーザーとヤグ (YAG)レーザーの中間の特徴を持つ最新のダイオードレーザーが使われることが多いようです。

痛みや刺激がある程度に抑えられ、多少時間はかかるものの産毛にも効果があるから、というのが大きな理由のようです。

ただ、敏感肌で副作用が気になる人はヤグ(YAG)レーザーを設置している医療機関を事前に調べておく方が安心です。

ヤグ(YAG)レーザーはダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの補助として用いられることが多いので、置いていない医療機関もあるので注意が必要です。

光脱毛の種類

光脱毛はサロンによって呼び方がさまざまで、フラッシュ脱毛、美容脱毛、ハイスピード脱毛、VIP脱毛などいろいろありますが、実は全て光脱毛のことです。

そしてIPL脱毛、SSC脱毛という言葉も聞くと思うのですが、これはフラッシュ脱毛、美容脱毛、ハイスピード脱毛、VIP脱毛など全てを合わせた総称である光脱毛で用いられる二つの異なる技術のことです。

いろいろな呼び方をやめて、エステサロンで受けられる光脱毛はIPL光脱毛とSSC光脱毛、と呼べばスッキリするのにな、というのが個人的な意見です。

IPL脱毛

Intense Pulsed Light(インテン∙スパルス∙ライト)という光を用いた技術で、黒色のメラニン色素に反応する光エネルギーが毛根のメラニンに働きかけ、毛根を弱らせ脱毛を促します。

ただメラニン色素に反応するので肌の色が濃い人は痛みが強くなる傾向があります。肌が白く毛が濃い人に向いている光脱毛です。

キレイモ(KIREIMO)
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/kireimo/

C3(シースリー)
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/c3/

TBC
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/tbc/

エターナルラビリンス
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/e-laby/

銀座カラー
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/ginza-color/

などのエステサロンで使用されています。

SSC脱毛

Smooth Skin Control(スムーズ∙スキン∙コントロール)Methodの略で、照射前に塗布するジェルに抑毛成分が含まれており、この有効成分を光で温めて毛穴に入れることで減毛します。

産毛は毛根が小さくIPL脱毛だとうまく光で熱を加えることができないので、光と一緒に抑毛効果があるジェルを浸透させるSSC脱毛の方が向いています。

脱毛ラボ
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/datsumo-labo/

ミュゼプラチナム
http://o-skin.or.jp/datsumo/category/datumou-salon/musee/

などのエステサロンで使用されています。

IPLとSSCのどちらを選ぶかですが、効果はほぼ同じといわれているので「一回体験プラン」を利用して両方を試してみるといいかもしれません。

医療レーザーを利用した家庭用脱毛器トリア

トリアは日本でも発売されている人気のアメリカ製脱毛器で、家庭用脱毛器を検討している人は聞いたことがある商品名だと思います。どういう技術を使用して、他の脱毛器とどう違うのでしょうか?

日本では「FDAに認可された唯一の家庭用脱毛器」と紹介されていますが、日本で発売されている脱毛器に限っては、というただし書きが見当たりません。

実はアメリカにはFDAに認可された家庭用脱毛器はさらにいくつもあるのです(違う回であらためてご紹介します)。

トリアのユニークなところはカートリッジの交換が不要なところです。

フラッシュ型といわれる光脱毛の技術を用いた脱毛器の多くはカートリッジの交換が必要で、初期費用は安くてもカートリッジ代を考えるとかえって高くついた、ということもあり得るので注意が必要です。

カートリッジの交換が不要な理由は、他の家庭用脱毛器とは違い唯一「ダイオードレーザー」といわれる医療レーザーの一種を使っているからです(ただし家庭で安全に使えるように出力は医療レーザーよりは抑えてあります)。

上記に書いたようにダイオードレーザーは最新の医療レーザーで、産毛にも効果がありメラニン色素に反応しないので、日焼けした肌にも使えます。

トリアの使用に適している肌の色と髪の色のチャートを載せておきます。日本人の肌と髪の色に合っているのがよく分かりますね。


画像引用元:Find The Best At Home Laser Hair Removal Machine: Get Permanent & Safe Results

トリアの臨床試験の結果

トリアは2012年9月に、臨床試験の結果を『Laser in Surgery and Medicine』という雑誌で公表し、概要はアメリカ国立衛生研究所(NIH)にも掲載されています。

全く効果がなかった  0%
脱毛率1~24%  8%
脱毛率25~49%  15%
脱毛率50~74%  15%
脱毛率75~99%  31%
脱毛率100%  31%

(注:トリアは出力を調整できますが、この数値は一番高い出力を使った被験者のものです。)

脱毛率100%の人が31%いるのには驚きます。繰り返しですが、医療機関で行う永久脱毛は80%以上の脱毛率のことをいうのです。

さらに、脱毛状態も長く保てることがこの臨床試験で分かっているので医療機関で行うほどの即効性はありませんが、長く続ければかなりの脱毛率を達成でき、それが被験者の満足度に表れています。

ものすごく不満  0%
不満  0%
少し満足  38%
すごく満足  23%
ものすごく満足  38%

これも驚くことに、不満な人がゼロだというのです。脱毛率が低い人もいるのになぜ満足しているのでしょうか?

それは完全に脱毛ができなかったとしても生えてきた毛が以前よりもだんだん細くなり、見た目が改善すると同時に、ムダ毛の処理をする間隔が短くなってきたからだそうです。

参照URL
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22886431
http://www.triabeauty.com/triawebstore2/pdf/us/Wheeland_2012_Permanent_Hair_Reduction.pdf

Permanent Hair Reduction With a Home-Use Diode Laser: Safety and Effectiveness 1 Year After Eight Treatments

まとめ

臨床試験で効果が証明されているFDA認可の家庭用脱毛器トリア、日本で買える唯一の医療レーザーを用いた人気の脱毛器です。日本でもトリア公式サイトで購入が可能です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

お友達にシェアしてあげてください♪