1. ホーム
  2. 脱毛クリーム
  3. ≫英国紳士もワックス脱毛

英国紳士もワックス脱毛

イギリスではデビット∙ベッカムがセレブ脱毛のトレンドを作るきっかけになったと言われていますが、最近一般男性にも脱毛が浸透してきた事がデータでも確認されました。

ロンドンのエステサロンに対するアンケート調査によると、平均してワックス脱毛全般が倍増(一番増加率が高かったサロンは72%増)、男性のフェイシャルやマッサージが30%増、と女性だけでなく男性もエステサロンに通うことが珍しくなくなってきているようです。

ロンドンの金融街に近いサロンの増加率が一番高く、俳優やモデルだけでなく、固い職業についている英国紳士にも浸透してきている事が分かります。

イギリス男性はどこをムダ毛処理?

イギリス人男性の脱毛法で一番多いのがワックス脱毛です。ワイルドなイメージで「男らしい」という評価のある元プロサッカー選手のデビット∙ベッカムが、胸毛や眉毛をワックス脱毛していることを告白して以来、そのトレンドがまず他のセレブ、そして一般男性に広がったようです。

デビット・ベッカム
画像引用元:http://cdn-03.independent.ie/incoming/article34624091.ece/23236/AUTOCROP/w620/david-beckham05_glamour_24jan14_HM_b_720x1080.jpg

ワックス脱毛が人気なのは、やはり男性の胸毛や眉毛にも流行があるので永久脱毛をして後悔したくない、そして手ごろである、ということが理由のようです。

ムダ毛処理をするカ所の順位(複数回答)

1位 耳毛と鼻毛 41%
2位 アンダーヘアー 31.7%
3位 眉毛 28.8%
4位 胸毛 20.1%
5位 背中の毛 12.9%

1位の耳毛と鼻毛は納得、ですが2位に胸毛ではなくアンダーヘアーというのが意外ではありませんか?

スポンサーリンク

アン王女の娘婿は全身脱毛

エリザベス女王の第二子アン王女(チャールズ皇太子の妹)の長女は、元ラグビーイングランド代表チームのキャプテン、マイク∙ティンダルと結婚しています。

マイク∙ティンダルは2003年のワールドカップで北半球に初の優勝をもたらした時のメンバーでもあり、ベッカムと同様マッチョなイメージで知られていますが、全身脱毛をしていることを公表しています。

マイク∙ティンダル
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/12/20/article-0-0033C69900000258-733_634x367.jpg

その他にも人気のテレビ番組の司会者やモデルなどが、次々とワックスでムダ毛を処理していることを告白し、男性が脱毛処理していることを隠さなくてもいい風潮が出てきました。

雑誌で男性のムダ毛の処理が特集されるようにもなり、脱毛先進国のアメリカに追いつく勢いです。

アンダーヘアー処理「ボーイジリアン」(Boyzirian)なる言葉も

前述のように3人に1人のイギリス人男性がアンダーヘアーを処理し、もはや男性の身だしなみの一つとして受け入れられるようになってきています。

特に35歳以下では8割超の男性がアンダーヘアー処理をしており、「ブラジリアン」ならぬ「ボーイジリアン」なる造語さえ出てきました。

35歳以下のアンダーヘアー処理法の人気順位

1位 前と後を全体的に刈り込む 36%
2位 前は刈り込み、後ろは脱毛 27%
3位 前と後ろを全て脱毛 (アメリカでは「ハリウッド」、イギリスでは「フルボーイジリアン」(Full Boyzirian)とも呼ばれる) 参照: http://o-skin.or.jp/datsumo/hollywood-4246/ 17%
4位 何もしない 16%
5位 前は脱毛するが少しだけ残す(アメリカでは「ブラジリアン」、イギリスでは「ボーイジリアン」とも呼ばれる) 2%  
6位 その他 2%

この調査の結果から、若い男性の半数近く(2位+3位+5位)がワックス脱毛をしていることが分かります。

人気の胸毛処理法

イギリス人男性の2割が胸毛処理をしていますが、どんな方法が人気があるのでしょうか?アンダーヘアーの処理法と同じようにいろいろなスタイルがあるので紹介します。

胸毛処理法の順位

1位 「The Tree」 20% 「木」のような形になるよう上部の胸毛は残し、お腹部分の毛の幅をワックスで細く整える

The Tree
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D0CB200000578-761_306x423.jpg

俳優のヒュー∙ジャックマン

ヒュー∙ジャックマン
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D37B500000578-197_306x423.jpg

2位 「The Top Heavy」15% 上部の胸毛は残し、お腹部分の毛をほぼ全てワックス処理

The Top Heavy
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D0CAD00000578-912_306x423.jpg

歌手のロビー∙ウィリアムズ

ロビー∙ウィリアムズ
画像引用元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/41/9d/2f/419d2f8aaf36079b89664d14704cc252.jpg

3位 「The Rug」(敷物) 14% 上部の胸毛は残し、お腹の脇の部分をワックス処理した上に「敷物」のように全体的に均一に刈り込む

The Rug
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D0C9A00000578-238_306x423.jpg

音楽プロデューサーのサイモン∙コーウェル

サイモン∙コーウェル
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D458000000578-959_306x423.jpg

4位 「The Snail」11% 上部の胸毛をほぼ全部脱毛し、おへその上下の毛を「カタツムリ」が通ったかのようにごく細く残す

The Snail
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D0CA100000578-523_306x423.jpg

俳優のロバート∙パティンソン

ロバート∙パティンソン
画像引用元:http://static.celebuzz.com/uploads/2012/04/02/5Robert-Pattinson-Shirtless-INF.jpg

5位 「The Woolly Jumper」(自然派)11% ワックス処理はせず全体を刈り込む

The Woolly Jumper
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-186D0C9100000578-723_306x423.jpg

俳優のピアース∙ブロスナン

ピアース∙ブロスナン
画像引用元:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/10/01/article-2439960-01CB37670000044D-771_306x423.jpg

6位以下は1~5位のコンビネーション

まとめ

イギリス人男性に人気のアンダーヘアーや胸毛脱毛のトレンドが分かりましたが、前回触れたヘンリー王子の「すべて胸毛を処理してしまう」のが不評だった理由が理解できますね。

「胸毛は形を整えある程度残す」というのがトレンドだったのです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

お友達にシェアしてあげてください♪