1. ホーム
  2. 医療用レーザー脱毛
  3. ≫水着モデルの脱毛法 ワックス?レーザー?

水着モデルの脱毛法 ワックス?レーザー?

写真では、水着モデルは皆、生まれ持ってムダ毛がないのでは、と思われるぐらいすべすべの肌をしていますよね。

実は彼女たち、水着撮影だけでなく、あちこちのイベントに引っ張りだこで、ライブで肌を見せる機会がとても多いのです。しかも、水着モデルゆえ、露出がかなり多い服装を期待されるので、ムダ毛の処理はかなりの重要事項です。

スポーツ∙イラストレイテッド(Sports Illustrated)誌の水着特集に出る事は、モデル最高のステータス

アメリカには「スポーツ∙イラストレイテッド」という発行部数約300万部、読者約2,300万人のスポーツ週刊誌があります。(男性読者はそのうち1,800万人)

同誌は1964年以来、毎年2月頃水着モデル特集を組むのですが、最近はこの号の発行前に二日間にわたるイベントが開催され、テレビ中継も入るぐらいの、一大イベントになっています。

この特集号の表紙になるのはもちろん、雑誌に水着姿の写真が掲載されるだけで、モデルとしてのステータスが上がるのです。

シンディー∙クロフォードやナオミ∙キャンベルも表紙は飾りませんでしたが、水着特集号に登場した後、スーパーモデルの地位を確固たるものに築き上げました。

同誌は2010年からルーキー∙オブ∙ザ∙イヤー賞を設け、読者の投票により水着モデルの新人も発掘してきました。

新人賞に選ばれたモデルは、その後モデルと言うよりセレブの仲間入りをし、有名人との交際でゴシップ誌を賑わせます。

2011年の新人賞を受賞したケイト∙アプトンは、去年MLBデトロイト∙タイガースのジャスティン∙バーランダー投手と婚約し(偶然にもバーランダーも投手に贈られる最高の賞、サイヤング賞とMVPを2011年に受賞しています。)、

2012年に同賞を受賞したデンマーク出身のニーナ∙アグダル は、現在レオナルド∙ディカプリオと交際中だと言われています。

これだけでも、スポーツ∙イラストレイテッド誌に掲載される事がステータスだけでなく、その後セレブとして扱われるきっかけになる事が分かりますね。


出典:http://people.com

スポンサーリンク

伝説の水着モデル、クリスティー∙ブリンクリー 、63 歳でスポーツ∙イラストレイテッドの表紙に登場

今年は2月17、18日にテキサス州ヒューストンで恒例のイベントが開かれます。

一番の話題はスポーツ∙イラストレイテッド誌出身のモデルと言えば、ある年齢以上のアメリカ人男性には一番ピンとくる、クリスティー∙ブリンクリーが63歳にして水着姿で登場する事です。

二人の娘と共に写った写真が絶賛されていますが、皆さん「どうせ写真を加工しているでしょう?」と思いますよね?

ですが、もう一枚のこちらの写真を見てください。


出典:http://people.com

多少は加工されているかもしれませんが、この一枚は完璧ではないからこそ本物に近いと思います。

クリスティーは1979年から3年連続でスポーツ∙イラストレイテッド 誌の表紙を飾った、まさに伝説の水着モデルで、その後女優、テレビ番組の司会、デザイナー、動物愛護や環境保護支援、といろいろな分野で活躍し、若さを保つ秘訣をテレビや雑誌のインタビューで隠さず話をしてくれています。

「とにかく信頼のおける、かかりつけの皮膚科を見付ける事。これが一番の美の秘訣。」だそうです。
それゆえ「脱毛も皮膚科よ。」とレーザー処理をしている事を認めています。

「ボトックス(表情がなくなり大失敗で、二度としない、そう。)やケミカルピール、ヒアルロン酸注入など、メスを入れない美容関係の事は全て試してみた。」そうです。

あるインタビューでレーザー処理の痛みについて聞かれた時「思い出すだけで10回以上もひどいけがをしたの。だからレーザーの痛みなんてなんともないわ。」とも答えています。

クリスティーはセレブには数少ないレーザー派だと分かりました。

クリッシー∙テイゲン、アメリカン∙ミュージック∙アワードでハプニング、ドレスの切れ込みから全て見えてしまう

クリッシー∙テイゲンは2010年スポーツ∙イラストレイテッド誌の新人賞を獲得した後、50周年記念号の2014年に表紙を飾り、モデル業以外にも得意の料理に関する番組に数多く出演し、昨年には料理本も出版しました。

この本「Gravings:Recipes for All the Food You Want to Eat」は、ニューヨーク∙タイムズ紙のベストセラーランキング入りをし、現在アマゾンの料理本関連で一位になっています。

エキゾチックな容姿は父親がノルウェー系アメリカ人、母親がタイ人であるのが理由で、ティーンの時にカリフォルニア州のハンティントン∙ビーチのサーフショップで働いている時に、スカウトされモデルになりました。


出典:http://www.imgix.com

クリッシーもスポーツ∙イラストレイテッド誌の水着モデルに選ばれた後、セレブ入りしたモデルの一人で、2013年にはグラミー賞受賞歌手のジョン∙レジェンドと結婚しています。

ジョン∙レジェンドは高校を16歳でしかも学年で二番目の好成績で卒業した秀才で、アイビーリーグの一つ、ペンシルベニア大学に進学しています。(ペンシルベニア大学はトランプ大統領の卒業校)

クリッシーは際どいドレス姿でレッドカーペットに現れる事で知られていますが、去年のアメリカン∙ミュージック∙アワードで夫と一緒に登場した時のドレスは、スリットが胸の下辺りにまで入った大胆なドレスでした。

ドレスの前身頃と後ろ見頃が安全ピンで止められただけで、歩いている時になんと下着の履いていない下半身がほとんど全て見えてしまったのです。

そんなクリッシーは、一体どんな方法で脱毛処理をしているのでしょうか?

「撮影のためにワックス?冗談でしょう?私は毎日全身剃ってるわ。正直言うと大変。脱毛処理が人生の全てに感じてしまう事もあるわ。」とコメントしています。

水着モデルで露出の多いドレスを着る機会も多いクリッシーは、意外にもカミソリ派でした。毎日、カミソリで、全身、と考えただけでいくら仕事のためとはいえ、大変な作業だと思います。

これが、あの大胆なドレスを着るための秘密だったのです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

お友達にシェアしてあげてください♪