1. ホーム
  2. 全身脱毛
  3. ≫全身のムダ毛を脱毛して、永久にさようならしたいなら医療機関へ

全身のムダ毛を脱毛して、永久にさようならしたいなら医療機関へ

薄着や水着になる機会が増える季節は、とくにムダ毛の自己処理に手間取る時期ですね。

また、結婚式やパーティーなどで肌が露出されたドレスを着たい、スカートをはいた時の脚のムダ毛が気になる・・・など、ムダ毛のお悩みは季節に関わらず年中つきません。

そこで、脱毛サロンでの脱毛を受けたけど、しばらくしたらチクチクした毛が生えてきてしまった、などの効果に満足できないという声も聞かれています。

ムダ毛が一生生えてこなければいいのに、ムダ毛を完全に無くしてツルツルの全身を手に入れたい!と願ってしまいますね。

そこで、今回は永久脱毛に注目して、永久脱毛とはどんな脱毛方法なのか、本当に永久にムダ毛が生えてこないの?など、皆さんの疑問にお答えしていきましょう。

全身を永久脱毛するなら、病院、クリニック、美容整形外科へ

ドレス姿の女性

永久脱毛は、エステサロンや脱毛サロンなどでの施術は行われていません。

日本では、「永久脱毛」は医療行為とされていますので、全身の永久脱毛を行うには医師のいる病院やクリニックで受けることになります。

病院やクリニックなどの医療機関で行われる永久脱毛には、「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の2種類になります。
まず、医療レーザー脱毛についてお話しをしていきましょう。

医療レーザーを用いた施術では、毛周期の成長期の体毛に焦点を当て黒い色素であるメラニンをターゲットにし、毛根の細胞組織にダメージを与えます。

この原理は、脱毛サロンなどで用いられている光脱毛も同じなのですが、医療レーザーの照射パワーの方が圧倒的に強いので効果も高く長く続くという点が異なります。

ただし、レーザー脱毛の性質によって日焼けをしたメラニン色素は活発になっている肌には、火傷の原因になることから施術を行うことはできません。

次に二つ目の「ニードル脱毛」についてお話しを進めましょう。

ニードル脱毛とは、ニードルという細い針を毛穴に挿入して毛根に電気を流すことで毛母細胞にダメージを与えて脱毛を進めます。ニードル脱毛には、脱毛サロンで見られる事前の自己処理によるシェービングが不要で、毛が生えた状態でも施術が可能です。

また、光脱毛や医療レーザーでの施術が行えない色素沈着が進んだ肌でも、施術をすることができます。しかし、痛みがかなり強いということデメリットになり、肌トラブルも心配されます。また、光脱毛より施術時間が長くなります。

指差す白衣女性

永久脱毛という言葉からは、永久に毛が1本も生えてこなくなるというイメージで想像するかもしれません。

しかし、毛の生え方やもともとの量などには個人差があることホルモンバランスの変化などから、実際のところはムダ毛が1本も生えてこない状態になるというよりは、ムダ毛の数が減り全体的に体毛が目立たなくなるというイメージの方が近いのかもしれません。

また、医療クリニックでの永久脱毛ではなく、一般の脱毛サロンやエステティックで受けられる脱毛は永久脱毛とは異なりますが、それでもムダ毛の数は圧倒的に減り自己処理が不要になるレベルにまで整えることが可能です。

スポンサーリンク

まとめ

永久脱毛は、ムダ毛が死ぬまで一生生えてこないわけではなさそうですね。

しかし、永久脱毛後は、元の状態同じように戻ることはありません。施術した毛穴から再び生えきたとしても毛の量ははかなり少なく、生えてきたとしても毛は細く産毛のような状態のことがほとんどです。以前よりははるかに自己処理の負担が減ることは間違いありません

よって永久脱毛には効果がないのではなく、明らかに効果が得られて本当に楽になるそうです。早くしておけば良かった~という声が多く聞かれているのも納得ですね。永久という名の脱毛は、一生ムダ毛の処理から解放してくれて人生を明るくしてくれるものになりそうですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

お友達にシェアしてあげてください♪